花色蛙の日々是好日

狐古あんこが漫画描いたり御飯作ったりする日々徒然
-

裁判傍聴レポートその1

新年なので、ちょっとMacの中身を整理しようかなとファイルを選別してたら
昔見に行った、裁判傍聴のレポート的テキストが出てきたので、折角だし載せてみる。

行ったのは2年くらい前だったかなー…。裁判員制度が導入されたので
行ってみたいねと、友達と話していて実際遊びに行ってみた的なノリだったと思います。

以下当時のテキスト↓


友達が行きたいと言うので、行ってきました裁判傍聴。阿蘇山さんなんか見てると、
傍聴チケット取るのに並んだりするのかなぁと思っていたのですが、
地方裁判所の方はいつでも入れて好きなように傍聴出来るみたいですね。
満席の場合は傍聴出来ませんが、人気の事件とかでは無い限りそんなに
席が埋まる事も無いみたいです。平日だしな。

裁判所の建物に入るのに、持ち物検査、金属探知機の下を通過するくらいで
後は至って自由な感じで、喫煙所や地下には食堂、喫茶室、郵便局、コンビニ、
本屋等、不自由無い設備が整っておりました。
これらの設備は特に社員で無くても使用できるっぽいのですが、
勇気がなく使用しませんでしたよだってスーツマンばっかりなんだもの。
せめてジャケット来てくれば良かったかもしれません。

入ると受付付近に、本日行われる裁判の時刻や被告の名前、
罪状等が書かれたファイルが置かれているのですが、
それを見ていると何と一日に行われる裁判の多い事多い事。
いやいや、犯罪都市だなぁ世紀末だなぁ。

まず一件目に傍聴したのは、痴漢で捕まった外国の方の裁判。
この裁判が行われていた部屋は小さい所でしたね。
資料もファイル一冊くらいしかありませんでした。
途中から傍聴したのですが、その時から被告の外人さんは号泣、常に号泣。
多分心から悪い事をしたと思っているのでしょうが、
聞いていると痴漢で捕まったのは二回目だそうで。

伏せずに出来るだけ下品にならないように被告が何をしたか言うなれば、
満員電車の中、好みの女性の背後にくっついて、被告は自慰行為をして最後までやってしまい、
被害者の服を汚してしまったわけです。これはさすがに免罪じゃぁ無いでしょうし、
二回目だしなぁ。弁護側も弁護のしようが無いので、「同意します」と謝罪文を読んで
提出くらしかしていませんでしたね、一応罪を少しでも軽くするよう計らってはいましたが。

検察側は若い検察官で、何だか非常にやる気満々で被告を責め立てておりました。
まぁ仕方ないんですが、弁護側からも指摘された同じ事をもう一度質問するのは、
そういうものなんですかね。検察側がプリプリ責め立てるもんで、更に被告は号泣しとりました。
が、まぁ同情の余地はあまり無いんだろうなぁ。でも裁判長は大変優しそうなおじ様で、
やたら優しそうに被告に喋りかけておりました。
「じゃぁね、これで、今日の裁判終わるけどね、また~日に、
判決出すからね、最後に何か言いたい事はありますか?」
って感じで、相手が通訳を通しながらだったのでそうなったのかもしれませんが、
やたら優しそうでした。裁かれるならあんな方が良いです。
いや、裁かれたくはないですけど。

後半、被害者が現在の心情を書いた物を読み上げて、
気になる所を裁判官に申し立てたりもしておりました。

被告の言う事にゃ、もう留学は止めて国に帰って大人しくします、
親に罪を告白して慎ましく生活して行きます、との事でした。
判決出てないんで、罪状はどうなるか解りませんが、まぁ異国の地で鬱屈して寂しかったとか、
精神的に不安定であった、とか考慮しても被害者の方の傷は大層な物のわけで、
重過ぎる事にもならないと思いますが、軽過ぎるという事にもならないんだろうなと思われます。
満員電車でケツ触られるのだって不快で気持ち悪いのにその更に上を行くんだものなぁ
恐怖以外の何者でも無いし、男性恐怖症になってもおかしく無いですからね。

痴漢事件は冤罪も多いから、そういった事件では弁護側が頑張って、
裁判官には正しい判断をして貰いたいですが、こういった明らかにやってしまっている場合は
厳し目に処罰して欲しいものです。痴漢行為ってエスカレートしやすいしね。

といった感じで一件目は終わり。
案外、弁護も裁判官も検察もフランクなナチュラルな感じで進めてました。
ドラマやなんかで見る物はやはり過剰演出なんですねぇ。まぁそうか。
大きな事件と言うわけでも無いのでそうなのかもしれませんが。

お昼を挟んでもう一件、傍聴。2件目はまた後程~。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

という感じの裁判でした。後半の2件目はもう少し大きめな事件で、違法AVの話だよ!
またちょっと休憩の時にでもアップしにきたいと思います。
エロ漫画描きが言うのもなんですが、リアルな痴漢は本当に良くないよ!
痴漢してない人が痴漢呼ばわりされちゃう免罪とかにも繋がりますしね。
リアルと二次元は違うのですよ!痴漢とか陵辱とかロリとか二次元で楽しむものです。
日本のエロ漫画産業や風俗は性犯罪の抑制に貢献してるというのは良く聞く話だよ!
人の道を踏み外さないように、エロ漫画読もうぜ、私も頑張ってエロ漫画描くぜ!

裁判傍聴も面白いので、是非。お勧めです。

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。