花色蛙の日々是好日

狐古あんこが漫画描いたり御飯作ったりする日々徒然
-

手作り餃子

夕飯はラーメン作ろう。でもラーメンだけだと寂しいな、餃子欲しいな。
でも外に買いに行くのはちょっと面倒だな、どうしよう。作ればいいじゃない。
という事で皮から作ってみました。

***********************


材料: (20~25個くらい)(半分にすれば10~15個)
*餃子の餡
豚ひき肉       100g
大葉         2~3枚
キャベツ       2~3枚
白菜         2~3枚
ニラ         一束
にんにく・しょうが  2片
しょうゆ       小2
みりん        小2
ウェイパー      小2
出汁の素       小2
酒          小4
卵          1
片栗粉        大2~3

*餃子の皮
薄力粉        大5
強力粉        大5
塩          少々
熱湯         大3
ウェイパー      小1~2


材料は基本的に大体です、きっちり計ったりあまりしないので。

ーーーーーーーーーーーーーーーー


1,餃子の皮の材料を全てボウルに入れて、お箸でさくさくこねこね。
ほろほろだまになってくるので、全体がだまだましてくるまで混ぜる。


2、だまだましたら手で捏ねます。こねこね。ある程度まとまったら丸めてサランラップに
包み、冷蔵庫で30分程寝かします。


3,寝かしてる間に餡作り。大葉、白菜、キャベツ、ニラ、にんにくしょうが、を
みじん切りに。白菜とキャベツはおおざっばに切って、他のボウルに入れ、軽く塩を振って
10分程放置して水気出し、キッチンペーパーで包んで絞って水気を切ります。
でも水っぽいほうが好きな場合はしなくても良いんじゃないかな。面倒臭いし!


4,水気を切った白菜とキャベツもみじん切りにして、先程の野菜と挽肉と調味料を
ボウルにイン。よく捏ねます。緩いときは片栗粉を足してね。でも足し過ぎるとゴムみたいに
硬くなるんだぜ。なので、まぁ程々に。
挽肉の繊維が見える感じまでこねたら、少し冷蔵庫に入れて寝かせておきます。


5,交代に冷蔵庫から生地を出して、ラップを剥がしまな板の上でころころ転がし
棒状にしていきます。ころころ。ちょっと卑猥な形になりました。

DSC00723_mini.jpg


6,棒状にしたら作りたい枚数分だけ小分けに切っていきます。

DSC00724_mini.jpg


7、指で潰して、円形にしたら、麺棒でうすーく伸ばしていきます。
行くはずなんですが、うちには麺棒がありませんでした!!シット!
丸くて棒状なら良いんだろ、と、とりあえずこれでチャレンジ。

DSC00727_mini.jpg

…いまいちだ。ではこれならどうだ。

DSC00729_mini.jpg

マギーブイヨン。
……あ、なかなか良いんじゃないかしら。これ。
よしよし。ころころ。しかし意外と力がいるなー。

しかしまぁ、とりあえず形になりました。
歪ですが、麺棒無しでここまで伸ばせたら上出来じゃないでしょうか。

DSC00730_mini.jpg


8、さて、冷蔵庫で寝かしてた餡を出し、皮の上に乗せます。乗せ過ぎると餡がはみ出すので程々で。
皮の縁にお水をつけて、半分に折り縁と縁をくっつけます。端から真ん中に向けてくっつけてく感じ。
くっつけたら、ひだひだを作り形を整え、くっつかないように隙間を作りながらお皿に置いてく。

DSC00731_mini.jpg

出来た!汚っ!まぁでも初めてにしては良く出来た。


9、全部出来たら、冷凍庫に入れて暫く(10~20分くらいかなー)おいておく。
いれなくても良いのですが、冷凍庫に入れて硬くしておいた方が私は焼きやすかったです。
後、そのまま冷凍された餃子はくっつかなくなってるので、
食べない分袋に入れて冷凍保存しておけます。
この間に副菜とかスープとか欲しければ用意しちゃいましょう。
あとお湯ワンカップに小2の小麦粉を溶かしておきます。

10、ある程度硬くなったら、取り出して、フライパンに胡麻油を引き餃子を乗せて火をつけます。
強~中火で焦げ目がついた頃合いに、小麦粉入りお湯を投入。蓋をして5~6分様子を見つつ
お水が無くなってきたら足して、蒸し焼きに。

11、時間が経ったら、蓋を開け水気が飛んで小麦粉の羽が出来てくるまで、様子を見つつ
強~弱火でもう暫く。

11、パリっと焼けたら、お皿に盛って完成!
DSC00733_mini.jpg



ラーメンと一緒に頂きます。
DSC00734_mini.jpg



皮がもちもちしてて美味しかったです。市販の餃子の皮のように、
私は薄く作れなかったので焼き時間は市販の餃子よりも長めです。
餡はまだまだ改良の余地がありそう…。ジューシーさを損なわないためには
お野菜の水分もそれなりに残しておいた方が良いのかなー。
っていうか、材料にニラって書いたけど、どのレシピみてもニラって書いてあるから
入れたほうが良いんだろうな、と思いつつ、無かったのでいれられなかったニラ!
無くても美味しかったけど、多分入れたほうがもっと美味しいね。
まぁ良いんです、冷蔵庫の余り物で作りたかったから。
冷凍した餃子は、皮にそれなりの厚みがあれば水餃子としても行けると思います。
ウェイパーと塩コショウでスープ作って、冷凍餃子煮れば美味しい水餃子になるかと。

後、生地は大目に作って余らせて、厚めに伸ばして、簡易的なピザ生地とかにも
なると思うので、応用効きそう。うちはオーブンレンジが無いから本格的なピザは
作れないけど、トースターはあるから小さい簡易的なピザなら焼けると思う。
何となくコツが分かったので、次はもっと美味しく作れる気がする。
とりあえずあれだ、なんだ、ほら、麺棒買おうか。

追記:
市販の餃子の具の素みたいの見ると、オイスターソースも入ってるっぽい。
今度入れてみよう。あと、鶏の出汁の素で鶏だしゼリーを作って具と一緒に
入れるとスープが入ってるジューシー餃子になるようだ。メモ。
餡の具材を変えて、蒸せば小龍包にもなるので試したい所存。



関連記事

Category :
該当の記事は見つかりませんでした。